ソラマメの霜除け! 今朝は冷え込んだのでねえ。

まだ霜の降りる季節ではないんだけど、今朝は寒かったねえ。 明日はもっと冷え込むんだそうだ。
ならば少し早いけど霜除けをしておくかなあ。


ということでソラマメの霜除け。

画像


こうやって不織布を張るんだねえ。








やり方はこんな具合だ。

画像


まずは黄色の矢印のようにトンネル用の支柱を立てて。

それから赤の矢印のように真ん中と両サイドに紐を張って。


その上に不織布を載せて洗濯ハサミで固定すれば出来上がりだよ。


えっ、こんな透け透けでいいの? って思うだろう。 実はこれでいいんだねえ。

要するに霜が降りないようにすればいいわけで。


霜が降りる原理って知っているよね。 そう放射冷却だなあ。
放射冷却は暖かい地表の空気が上昇気流になって上に上がることで起こるんだよね。

なのでその上昇気流を押さえてやればいいわけなんだ。 だから簡単だろう。

何でもいいので気流を遮るものがあればそれで十分なんだよね。



ならばトンネルはどうよ。 と思うだろう。

あれって意外と中が冷たくなるんだよね。 つまり外気との交流がないので、トンネルの中で対流が起こってしまうんだなあ。 暖かい空気が上に上がって、トンネルの上部で冷やされてまた降りてくる。
これを繰り返してトンネルの中は思いきり冷えてしまうんだねえ。

なのでトンネル栽培をする場合は、上部に穴をあけたり裾を少し開けてやったりという工夫が必要なんだねえ。



で、今回のやり方は上昇気流を少し遮ってやるということでね。

これで効果があるの? さあ、どうかなあ。 それは実際に霜が降りる状態で確認してみよう。


一時期は生産農家さんがみんなこれをやっていたんだよね。 でも一斉に止めてしまったんだ。
つまり、手間が掛かる割りに効果が認められないというか、やらなかった場合との差があまりないということかも知れないね。

生産農家の場合は桁が違うからね。 ヒゲおやじなんぞは精々30株程度だけど、生産農家は多い人だと3000株とかだからねえ。 二桁違うんだ。 なのでこんな面倒なことはハッキリ差が出ない限りはやってられないんだよね。



ということで、赤豆の方の不織布を張って。

画像


これってカラス除けにもなるからね。






ところで昨日は雨が降ったので、晩生のタマネギの苗の様子を見て来よう。

うーん、いい感じかなあ。

画像


もう家庭菜園の皆さんは慌てて植え付けているけど、実はまだ早いんだよね。

この辺りでは農協の指導員から、「植え付けは12月に入ってからにしてください」と言われているんだそうだ。
ヒゲおやじもその話を同じ菜園仲間にはしてあげるんだけど、誰も言うことを聞かないんだねえ。

隣が植えると大慌てで植え付けて。


まだ早いって。



あのね、植え付けに適当な苗は、根元が7㎜くらいが最適なんだよね。
それを越えると薹立ちしやすくなるんだ。 逆に5㎜以下だと冬の寒さに当たって枯れてしまうことが多いんだねえ。

なので7㎜を規準に考えるといいんだねえ。


でも、7㎜ってどんな太さよ。


そう、それはこういうことだよ。

画像


あのね、実は鉛筆の太さが大体7㎜なんだよね。
なので苗の横に立ててみるといいよ。


これなんぞは僅かに鉛筆より細いかなあ。 逆に鉛筆の右後ろに写っている苗なんかは丁度いい感じだね。


ということで、一週間後かなあ。 そうすると丁度12月の頭になりそうなんだけど。
もう少し様子を見てみることにしよう。





ということで今日の畑。

画像


今日は寒かったけど明日はもっと寒いらしい。 なんか一気に冬だねえ。


さて、明日は何をするかなあ。 久し振りに散歩とかもいいねえ。 長く歩いてないからなあ。
足が衰えてしまって。




ありがとうございます。







明日もきっといい日であります。

ヒゲおやじ





この記事へのコメント

ゆう
2018年11月25日 08:09
毎日寒いですね。うちもはやくも、もう玉ねぎ植えてます。苗、鉛筆よりは少しほそいです、、、あっ、トンネル栽培用のビニール買いました。確かに穴空いてました。うえつけにおくれたニンジンを植えたくて。そういえばニンニクは寒さに強いけど、ついでにトンネル栽培したらよく育ちますか?暖地です。去年はマルチだけで小さい玉ねぎくらいにはなりました。
ヒゲおやじ
2018年11月25日 23:01
ゆうさん、ありがとうございます。
はい、大丈夫ですよ。 乾燥させないように、週一くらいで液肥をやるといいですね。
2018年11月26日 22:24
ヒゲ親父さんのブログを読んでいると勉強になります。
確かに農家の人は、確実な方法をとる人多いですよね。
家庭菜園の方が色々な方法を試すことが出来て楽しめそうですね。
ヒゲおやじ
2018年11月26日 23:18
パックさん、ありがとうございます。
そうですねえ、農家さんもそれなりに色々挑戦はしているのですけど、失敗は許されないので家庭菜園みたいに全滅でもOKとはいかないですからね。
その点は気楽なものです。
マタ
2018年11月27日 22:01
東海地方はすっかり冬。朝、野天の車のフロントはガリガリ。

種を蒔いたツルあり絹サヤが発芽しました。まだ藁囲いには
ちょっと小さすぎるので、もう少し成長を待ちます。
オヤジの霜よけ理論、ひょんなことで実証してしまいました。
今のところ我が家には四台車が置いてあって、一台はガレージ。
あとの三台は青空。ただしそのうちの一台分にはカーポートの
屋根があります。この状況のところへ、息子の誰かが車で
帰ってくると、置く場所がないので家の裏に路駐になります。
大谷石の塀にピッタリくっつけて停めるのです。
二~三日前だったか、一人帰ってきて一台を路駐した次の夜明け前。
青空駐車の四台のうち、二台はフロントガリガリ。しかし、二台は
霜が全然ついておらず、朝の出発前のお湯かけも不要な状態。
その二台のうち一台はカーポートの屋根の下の一台。
もう一台は・・・・・塀沿いに停めた一台でした。なんで、フロント
に霜が降りてないの?と冷静に見てみれば・・・
塀の上には、塀を乗り越えた八重桜の枝が・・・
そう、ちょうど木の下になっていたんですねえ。これか!と(笑

ヒゲおやじ
2018年11月27日 23:07
マタさん、ありがとうございます。
何とそういうことで実験しましたか。 実は上昇気流と書きましたが、本当は電子波の放出なんですねえ。 なのでそれを遮るものがあれば何でもいいので、紐を張るだけでもかなり違うのですよ。この話はまた記事にしたいと思っています。
こりん
2018年11月28日 21:15
こんばんは。おやじ様、ホウレン草は無事成長されましたでしょうか?もうオケラ達もかなり地下に潜っているのでは?静岡は今日も暖かく夕方で19度もありました。なのでまだまだ虫対策のネットが外せません(^_^;) 話は変わりますが、エンドウ豆を定植したいけど空き畝がなくて思案していて、色々ネットで情報を見て回った所、大量のキャベツを根ごと掘り上げて畑にまとめて置いておいても冬越し出来る。と書いている方がいまして、私はコレを信じてやってみました(笑)畝に7球あったキャベツをゴッソリ掘り上げ、収穫して空いた白菜の畝端にまとめて移植のようにしてみました。3日経ちましたが今の所は抜く前と変わらないように見えます。経験豊富なおやじ様はやられた事ありますか?もしやられた事があったのなら、その時キャベツはどうなったか教えてもらえると嬉しいです。長々と失礼致しましたm(_ _)m
ヒゲおやじ
2018年11月28日 23:04
こりんさん、ありがとうございます。
いやー、それはやったことないですねえ。 初耳です。
上手く行くといいですね。 結果をまた教えてください。
マタ
2018年11月29日 21:24
東海地方の今日は快晴なれど風冷たし、でした。

こりんさんのコメントのキャベツの植え替え。
キャベツではなく白菜でやったことあります。理由は同じ。
畝が足らなくなったから。ただ、数は7~8個だったかな。
食べるまでの保管、のつもりで、時期は2月ころだったと思います。
短期間だったからか、特に問題はありませんでした。
冬越しはどうでしょうか。ただ、こっちの雪深い山奥の方では
ニンジンやキャベツを収穫後雪に埋める地域がけっこうあります。
「春待ちニンジン」などの商品名で出回っているので、検索すれば
出てくるかもしれません。
ヒゲおやじ
2018年11月30日 22:57
マタさん、ありがとうございます。
そうですか、問題なし。 そうですねえ、雪の中に埋めると言うのは良く聞きます。 美味しくなるんだとか。
でも、一度掘り起こしてまとめて植えておくなんてことが出来るのなら、これはこれで大助かりですよね。

この記事へのトラックバック