ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 白菜とキャベツの残菜整理! これって大事なんだよ。

<<   作成日時 : 2019/01/08 23:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 87 / トラックバック 0 / コメント 4

残菜というけど、この場合は残った株だねえ。 どちらも根際で切って収穫するからねえ。
どうしても株根っこが残ってしまうんだなあ。 これって放置してもいいの?
答えから言うと、「良くない」だねえ。


ということで、その株根っこの整理だねえ。


まずは白菜から。

どうしてもこうなるよね。

画像


これ、取り除いている? やってない? それって危ないよ。

できれば収穫したら直ぐに取り除いてしまおう。


何で? という話だよね。
白菜の根には根こぶ病という厄介な病原菌が付きやすいんだねえ。

なので収穫したら直ぐに根も抜いておくのがベストだね。 放置するとその病原菌が繁殖してしまうからねえ。

根こぶ病みたいな病原菌は、土の中には何処にでもいるのでね。 それを恐れる必要はないんだけど、ただ連作をするとその病原菌がどんどん増えてしまうんだねえ。 で、一定の濃度というか密度を超えてしまうと、植えても育たないなんてことになるんだねえ。 これが連作障害だよ。


それで、少しでもそういうことにならないように白菜の根は直ぐにでも抜いてしまおう。


ということで、ショベルか鍬でできるだけ広く根を起こして。

画像


つまりなるべく根を切らないように全部掘り出したいんだよね。








掘り出した根は土を落として。

画像


まあ、こんな感じだね。








それで今回掘り起こしたのがこちら。

画像


これはもう堆肥なんかにはせずに捨ててしまうんだよ。










それから次にキャベツなんだけどね。

画像


どうよ、汚いだろう。

これはカミさんが収穫担当なのでこうなるんだなあ。


これもこのまま放置するのは良くないねえ。 枯れた葉なんかにカビが付いてそれがまた土の中に入り込んで、次に植えたものに悪さをしたりするからね。





ということで、これも綺麗に整理して。

画像


あれっ、根を抜いてないねえ。


あ、そうなんだよね。 実はちょっとだけ理由があって。




これを見てほしいんだけどね。

画像


ほら、収穫した後、横から芽を出しているだろう。 これが何とかなるのかなあという話なんだよね。








こちらなんかどうよ。

画像


これも切り口から芽を出したものだよ。

何となく巻きそうな気がするだろう。


そうなんだよね、上手くいけば巻くこともあるんだ。 もちろんそんなに大きなキャベツにはならないんだけど、それでも結構食べられるくらいにはなるんだよ。 

なのでこちらは慌てて抜かない。 少しだけ様子を見てみよう。


でもね、これから新しく芽を出そうとしているやつはさすがに無理だよ。
まあ、これからの気候次第なので、上手く行くとは限らないけどね。


でも、連作との関係は?
そうそう、キャベツも白菜と同じアブラナ科なので、同じように障害は起こるんだよ。

でも、白菜ほど極端ではないんだなあ。 例えば白菜は2年以上空けた方がいいんだけど、キャベツは1年くらいでいいらしいんだ。 その違いはわからんけどね。


まあ、試しにこんなことをやってみるのも面白いけど、出来れば完全に抜いてしまった方がいいとは思うけどね。


そうそう、連作障害はこんな病原菌の濃度が高まること以外にもあるんだよ。
それは特定の要素の枯渇だね。 つまり窒素、リン酸、カリの三大要素はどの野菜も必須なんだけど、それ以外の微量元素、例えば鉄であったりマンガンであったり、こういうものは微量なんだけどそれぞれの野菜によっては必須なんだよね。 しかも野菜によってそれが違うんだねえ。

なので同じ野菜を作り続けると、この微量元素が枯渇して上手く成長出来なくなってしまうんだなあ。


もう一つは自家中毒だね。
これは野菜も虫や病原菌から身を守るために、何らかの物質を出しているんだねえ。

それが連作を続けることによって自分自身も破壊されてしまうということがあるんだ。

わかりやすいのがセイタカアワダチソウだね。 これはものすごい勢いで繁殖して、他の草を寄せ付けないために根から毒素を出しているんだそうな。 だからセイタカアワダチソウが一面に繁殖しているところには他の草が生えていないだろう。

ところが何年かすると特に駆除もしていないのセイタカアワダチソウが消えてしまうんだ。
そう、自分の出した毒素で自分自身が中毒を起こしたんだねえ。

こういう現象は多かれ少なかれどんな野菜にもあるので、そういう意味でもできるだけ連作は避けるべきということだね。



こういう障害を防ぐには連作を避けることが大事なんだけど、もう一つは土壌環境の整備だねえ。
つまり土の中に一定の細菌が爆発的に繁殖しないようにすること。 それと微量元素の不足を補うことだねえ。

そのためには化成肥料に頼っていると危ないよ。 できるだけ堆肥を多く投入することだねえ。
それも牛糞堆肥とかではなくて、自家製のものが望ましいなあ。

刈った草や残菜なんかを積み上げておくだけでも出来るのでね。 こういうものを畑に埋め込んでやると、細菌のバランスも整ってくるというもんだねえ。

ただまあ、ちょいと時間はかかるけどね。




そんなことで、ちょっとだけ整理をした畑。

画像




明日はまた冷え込むらしい。

寒に入ったからね。 でも、暖冬らしい。 どうなるのかなあ。




ありがとうございます。








明日もきっといい日であります。

ヒゲおやじ






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 87
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
良いお話でした。
nhkドキュメンタリー足元の小宇宙で見ました。絵本作家、雑草のくらしを出されてる甲斐信枝さんが雑草?の生えている所を観察してると、繁茂していた雑草?が次期にはすっかり他の物で覆い尽くされてると、まさにお髭さんのおっしゃる通りですね。👏
色々ご存知でさすがです。(^.^)
毎度です
2019/01/09 08:39
キャベツの一株二個獲り、真冬と真夏を避ければ上手くいますよ。
玉の部分だけ収穫して外葉はついた状態にしておきます。やがて脇芽が多く出てきます。脇芽が5〜6cmになった頃生育の良い脇芽を一つだけ残して他を全部欠きとってしまいます。これで2個目も遜色なく収穫できます。(状態によっては液肥を追肥することもあります)
春かキャベツや、秋キャベツで、やってみてはいかがでしょう、
中山間
2019/01/09 12:28
毎度ですさん、ありがとうございます。
はい、第一農園の続きの草地がもう全面のセイタカアワダチソウだったのですよ。 その当時はまだ第一はやってなかったのですけどね。 花が咲いたら綺麗ではあるのですが、さすがにものすごい繁殖力で。
ところが何年かするとあっという間に消えてしまって。 何で? って調べてみるとそういうことだったのです。 今はほんの数本が細々と咲いていますけどね。
ヒゲおやじ
2019/01/09 23:28
中山間さん、ありがとうございます。
なるほどなるほど、そういうことなんですね。 わかりました、ありがとうございます。 今年の春キャベツはできれば時間差で植え付けながらそれをやってみたいと思います。
ヒゲおやじ
2019/01/09 23:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
白菜とキャベツの残菜整理! これって大事なんだよ。 ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる