ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 百日紅、アジサイ、バラの剪定! どれも今が適期だよ。

<<   作成日時 : 2019/01/14 23:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 66 / トラックバック 0 / コメント 2

こういう花が咲く木の剪定は、その木によって剪定時期が決まっているので、いつでも自由にとは行かないんだよね。 間違うと翌年花が咲かなかったりなんてことも起こるので、その辺りはしっかり守るようにしよう。


まずは百日紅から。

これは秋以降ならいつでも大丈夫なんだけど、できれば葉が落ちてからの方がわかりやすいかなあ。

画像


今はこんな感じなんだけどね。


何か細い枝が随分出ているねえ。
そうなんだよね、今年はこういう仕立てにしてみたんだけど、これはこれでいい感じかなあ。

へー、仕立てで変わるの? うん、そうだよ。 この木はまた極端ではあるけどね。


例えば太い枝をばっさり切ると、そこから長さにすると1メートル以上もあるような大きな枝が伸びて、その先に見事な大きさの花房が付くんだねえ。

これはこれで随分と見応えがあるんだけど、 その代わり枝の数が少ないんだよね。 一ヶ所の切り口から大体3本か4本くらいで。 それに樹形という意味ではちょっと見苦しいよね。
大きく傘を広げた見たいな感じになるからねえ。


ところが小さな枝を沢山出させると、今度はその先に小さな花房が沢山付いて、木全体がピンク色になる感じでね。 これはこれでまた面白いんだねえ。

なので、これは好みなので、それにあわせた剪定をするといいねえ。



で、切り方は何処でもいいので適当に切るといいよ。 木が大きくなりすぎたら、うんと低いところで思い切ってバッサリやっても大丈夫だからね。


たとえばこれ。

画像


この木はご近所の百日紅が可愛いので、カミさんが枝をもらってきたもんだねえ。
それをヒゲおやじが挿し木にして育てたものだ。 最初は枝の特性が消えなくて、真っ直ぐ伸びたままで枝が出ないんだねえ。 これでは木の形にならない。

それで上の方を切ってみると、そこから枝が伸びたんだ。 でも高すぎるので翌年更に低いところで切ってみるとこれもOK。 で、更に低いところで切った結果がこの形なんだねえ。

赤で印をしたところは切り戻した結果の痕跡だよ。 切れば枝が出るということだねえ。

もちろんこんな大きなところで切れば、途轍もない太い芽が出るので覚悟しないといけないよ。



それで、去年はちょっと手加減をして今はこんな細かな枝が沢山出ているんだけど。

画像


これをもし放置すると、この細い枝の先端からまた更に細い枝が沢山出て、小さな小さな花房を付けることになるんだねえ。

それはさすがにあまりよろしくないので、どのくらいの枝を出させたいのか、どの程度の花房を付けさせたいのかを計算して選定をするんだよ。







まずは細かな枝を取り払ってしまおう。

画像


こんな細い枝を残しても仕方ないからね。


さあ、この後、どうするかなあ。 というところだねえ。 さて、どうしよう。


一つ条件があって、この木の右手が道路なんだよね。 花が散るときに道路になるべく落ちないようにしたいというのがカミさんの要望で。 となると庭の方に枝を伸ばす工夫をしなければ。

ということで、道路側に伸びている枝はカット。 でも、こういう切り方をすると、そこから強い枝が出るだろうと予測はできるけどね。 その時はその時で対処しよう。



で、今回は少し細い枝を残しつつ、細い枝は全部カットすることに。

結果はこんな感じ。

画像


さあできた、これで春の芽吹きが楽しみだねえ。 どんな樹形になるのかなあ。









さて、続いてはアジサイ。

画像


これはカミさんが買ってきたのか貰ってきたのか知らないんだけど、勝手にここに植えてしまったんだねえ。

今年で3年目かなあ。 なので剪定は2回目だよ。
去年かなり切り込んだつもりだったんだけど、予想以上に大きくなってしまって。


さすがのカミさんも、「えーっ、こんなに大きくなるの?」とビックリ。

まあ、いつものことながらカミさんは、こういうものがどのくらい大きくなるか想定せずに植えてしまうのでね。


これは花殻を切っただけで何もしていない状態だねえ。


本当に花を楽しもうと思えばこのまま何もしないのがベストだよ。
でも、こんな狭い庭ではそんなことしたら大変なことになるからねえ。


ほら、沢山芽が付いているだろう。

画像


この芽が春になると一斉に伸び出して、その先に花を付けるんだけど、想像するのも恐ろしいくらいの大きさになるからね。


なのでアジサイは大きな庭に植えるのが鉄則だよ。 個人のましてやこんな小さな庭に植えてはいけないんだ。
だからお寺さんなんかによく植えてあるだろう。 あれは放置しても大丈夫なくらいのスペースがあるからだよ。

ヘタをすると直径3メートルとかになってしまうからねえ。
そうなると不味いのでコンパクトになるように剪定をしよう。


あ、それと剪定の時期も非常に重要だよ。

花後の暑い時期に剪定してしまうと、さっきの芽が全部伸び出して大きくなってしまうんだねえ。
その伸びた先には花は付かないんだ。 アジサイは春に伸びた枝先に花が付くのでね。

家のアジサイは花が付かないと悩んでいる人は、多分剪定の時期を間違っているんだねえ。
花後に花の下に2枚の葉を付けて花殻の摘み取りをする以外には、切ってはいけないんだなあ。

それで秋に葉が枯れ始めたらいつでもOKなんだけど、出来れば葉が落ちてしまってからの方がわかりやすいと思うんだよね。 全部見えるからね。



それで切る位置はここだよ。

画像


芽の上1センチくらい。

これで春になるとこの芽が元気に大きく育つからね。








で、結果はこんなことに。

画像


どうよ、随分と小さくなっただろう。

これでも多分花の咲く頃には昨年よりは一回り大きくなると思うけどね。









さて、最後はバラだね。

画像


これは軸の硬い立ち性のバラで、放置すると3メートルくらいにもなってしまうんだねえ。

なのでこれも思い切ってコンパクトにしてやらないといけないんだ。


切る位置は一般的には芽の上でということになっているけど、実際は何処でもいいらしいんだねえ。
切れば新しい芽が出るんだそうだ。


で、まずは細い枝葉全部迷わず切ってしまおう。 割り箸より細い枝は小さな蕾しか付かないので、無条件で切ってしまう。

古くて色が変わってしまっている枝も切って更新しよう。 



で、結果はこんな具合で。

画像


これでまた春には大きな花を咲かせてくれるだろう。




ということで、今日は百日紅二株、バラ三株とアジサイの剪定をしたというお話しでした。

これ、絶対に今だからね。 遅くても2月中にはやってしまおう。
3月になると葉も根も動き出すからね。 その前にやることが大切だよ。



いやー、今日は暖かだったねえ。 上着が要らないくらいの陽気で、三月中旬くらいの気候だったらしいよ。
明日はまた雨の予報。 ちょっと雨が多すぎるような気がするけどなあ。 本来なら冬の高気圧に覆われて、長く晴が続くんだけどねえ。


今年の冬は暖冬という予報なので、もしかしたらサクラの開花は遅れるかもよ。
サクラは寒さに当たらないと花芽が動き出さないからね。

さて、どうなりますか。



ありがとうございます。







明日もきっといい日であります。

ヒゲおやじ






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 66
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おやじ先生にならって、梅の剪定をしました。
時期もなにもかも適当にやっていたので、今年は1月を楽しみに待っていました。
うめの実がなったら採って梅酒を作ろうとワクワクしています。
庭木が多いので、南天や柏なんかも切ってみました。
蜂も蛇もいないので、
そういう意味でも今は作業がしやすかったです。ありがとうございました。
あじの開き
2019/01/15 06:05
あじの開きさん、ありがとうございます。
花梅と実梅は本当は少し剪定のやり方が違うのですけど、時期的には間違いないので大丈夫でしょう。 確かに蜂も蛇もいませんねえ。 そういう意味では作業も楽ですね。 ちょっと寒いけど。
ヒゲおやじ
2019/01/15 23:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
百日紅、アジサイ、バラの剪定! どれも今が適期だよ。 ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる