ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 春に三日の晴れなし! とは言うけれど。

<<   作成日時 : 2019/02/09 22:49   >>

ナイス ブログ気持玉 72 / トラックバック 0 / コメント 8

たまに晴れても半日とか精々一日で、その間は雨か曇り。 午前中綺麗に晴れても午后から曇りで夜には雨とか、ずーっと曇っていて時々小雨みたいな日が続いているんだよね。 となると畑は無理だからねえ。
やりたいことは山ほどあるんだけど、これでは何も出来ないよねえ。
てなことで、今日も様子見だけ。



ソラマメはその後まずまず順調で。

画像


脇芽欠きをしたらまた急に大きくなったような。









蕾も沢山付いてきて。

画像


でも、今の時期に咲いてもなかなか実にはならないようだねえ。
何しろ虫が飛んでないからね。

豆類は単為結果ではないので、必ず受粉が必要なんだよね。 基本は雌雄同花なので虫媒花。
でも雌雄同花なので風で揺れたりしても自家受粉は出来ている可能性もあるよね。









花と言えばこちらはエンドウ。

画像


これはキヌサヤなんだけど、大分咲き始めたねえ。 これも同じ理屈だよ。








一応順調かなあ。

画像










その他では晩生のタマネギ。

画像


ここのところの雨で、なんか急に元気が出て来たような。
緑色が多くなってきたねえ。








真ん中からまた新しい葉が出始めたので、もう大丈夫だろう。

画像










こちらは極早生。

画像


これはもう順調そのもの。










これなんかはもう食べられるよ。

画像


我が家では少し根元が膨らみ始めたころから収穫が始まるんだ。

もちろんタマネギとしてではないよ。 ネギ代わりに使うんだねえ。
これが軟らかくて美味しい。 葉の先まで全部食べられるからね。


なので、これが玉が太ってタマネギの形になる頃には、もうほとんど残ってないんだよね。
極早生は保存はきかないので早めに食べてしまうのが一番。 最初は晩生の収穫までの繋ぎに植えたんだけど、もうそれよりも随分早めになくなってしまうんだねえ。



そうそう、食べると言えばこちら。

画像


子持ち高菜の初収穫だよ。

早速天ぷらにして食べたけど、美味いねえ。 丁度蕗の薹と同じような食味でね。
ちょっとほろ苦い。 それがまたビールには合うんだよね。


鍋にも入れてみたんだけど、こちらは苦味がちょっと強いような気がするねえ。 もちろんそれなりに美味しいんだけど。


 


ということで、今日も特段何もすることなし。

画像


畑も次の作業はなにもできないので、同じ姿だねえ。


今日も午前中から小雨。 午后には上がって日が差し始めたので散歩に行ったら途中から降り出して。
その後はずっと雨。


また明日も何も出来ないねえ。


今の時期は毎年こんな感じではあるけどね。

さて、どうしますかなあ。



ありがとうございます。






明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 72
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
親父さん今晩は。DIYは以前からよく行ってましたが最近は呼び名がHCなんて理解出来ませんでした。こちらではダイキとコーナンがメーンです、お馬の堆肥40L=500円これはダイキです。アマゾンよりかなり安い。コーナンでは骨粉、魚粉20KG=2000円程度。ソラマメの燐酸追肥として、どうでしょうかね?1と月位から効く様です。僕の感じでは、果樹には、かなり効いてるような気がします。野菜にも効能がありそうかも?私の焼いた骨の大半は肥料用になるそうです。骨壷用以外は。人は土に帰る。市、寺から教えてもらいました。生きている限り自分の好きな自由気ままが最高でしょうね。親父さんを尊敬します。敬礼
阿波の暇人
2019/02/11 20:44
阿波の暇人さん、ありがとうございます。
へー、ダイキでお馬の堆肥を売っているのですか。 こちらでも以前あったのですが、今はありません。仕方なくネットで買っています。送料がかかるのでえらく高く付きます。
もうヒゲおやじも高齢なので、我慢をする生活は出来る限り止めています。
今更という感じですね。 残り少ない時間を自分が思うように生きていたいと思っています。
ヒゲおやじ
2019/02/11 22:43
お久しぶりにコメントさせて頂きます。
今年より息子の家敷地内に新たに畑作り計画が進んでいます。
現在赤土に去年堆肥を混ぜただけの状態です。本格的に野菜を植える2か月前までに必要な肥料等を混ぜ込んだら良いとは人から言われたのですが
必要な肥料・・・・油かす・苦土石灰・化成肥料くらいしか浮かばないのですが要は土が中性状態になればいいのでしょうか?それを計測する器具もあります。これから夏野菜を植えたいのですが何が必要なのでしょうか?
ちなみに広さは猫の額・・・21hしかありません。株数少なくそれでいてトマトやきゅうり、うーーーん手狭で難しいかも知れませんがさつまいもなども植えたいと思っています。どうぞご教示宜しくお願い致します。
エコ
2019/02/13 17:27
エコさん、ありがとうございます。
赤土ですか? 屋敷内ならもしかして山土(真砂土)かも知れませんね。
それならかなり大量に堆肥をいれないと、なかなか野菜作りの土にはなりませんよ。 苦土石灰は必須ですが、酸度との兼ね合いになるので酸度計で計ってから入れるようにしてください。 その他には取り敢えずは化成肥料があれば大丈夫です。 油かすや鶏糞は野菜によって違ってくるので、最初は止めておいた方が無難です。
夏野菜は随分沢山あるので、全部やろうとせずにお好みで種類を限った方がいいですよ。葉物野菜ならねキャベツ、レタス、白菜、小松菜、チンゲンサイなどですね。 実物だとトマト、ナス、キュウリ、ピーマン、シシトウでしょうか。 根菜はダイコン、ニンジン、ジャガイモ、サトイモなどがあります。サツマイモは場所を取るのでそのつもりで。 
ヒゲおやじ
2019/02/13 23:15
おはようございます。
ご教示ありがとうございました。大量の堆肥が必要ですか?
今の状態はかなり少なめだと思います。20kの袋だと21h分はどのくらい必要でしょうか?3〜5袋といった所でしょうか?わーーーお訊きして良かったです(汗)
エコ
2019/02/14 08:53
エコさん、ありがとうございます。
その赤土と言われているのが真砂土であればという話ですよ。
普通に畑の土になっている畝だと、10メートルの畝で40Lの堆肥袋で2個ほど入れます。 なので真砂土でまだ慣れていない土だとその2倍くらいは入れないと野菜作りは難しいかも知れませんね。 少し土の色が変わるくらいは必要でしょうね。 ちなみに本当の赤土だとそんなものでは済まないですけどね。
ヒゲおやじ
2019/02/14 22:57
度々の質問、すみません。
ありがとうございました。
単に赤土としか見ていなかったので詳しくはわかりません。
確認して対処したいと思います。こりゃ簡単には畑作りに至らないかもですね〜笑
エコ
2019/02/15 11:33
エコさん、ありがとうございます。
赤土というのは赤い粘土層の土で、粘り気があります。 真砂土は石灰岩が風化したもので赤っぽいですがサラサラした土です。 赤土だと畑にするのは難しいですけど、宅地の造成に使うのは真砂土なので多分大丈夫でしょう。 堆肥を多めに入れて、化成肥料も使えば野菜は作れますよ。 野菜を作りながら土を作っていくといいですね。
ヒゲおやじ
2019/02/15 22:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
春に三日の晴れなし! とは言うけれど。 ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる