カボチャの種蒔き! 今回はカボチャ2種類とリッチーナ。

少し早いけどこの気温だからねえ。 もう種を蒔いても大丈夫だろう。
今回蒔くのはいつものほっこり133とブラックのジョー、それからリッチーナだね。
カボチャを2種類にしたのは、ちょっとわけがあってね。


実は種を注文するときにカタログを見ていて、面白そうなカボチャを見付けたんだよね。
真っ黒なカボチャでね、ホクホクで美味しいと書いてある。

うーん、ならば一度植えて見るかなあ。
でも、このカボチャは作ったことがないので性格がよくわからないんだよね。

なので安全を見込んでよく知っているほっこり133も植えることに。


ということで種を蒔くのはこちら。

画像










それから自家採種したリッチーナだね。

画像








今回は9センチポットに蒔くことに。
いつもは二回りほど大きなポットに蒔いていたんだけど、種袋に9センチポットに3粒と書いてあったので、あ、それでもいいんだと思ってね。

と言うのもカボチャは苗が大きくなるからねえ。 9センチで持つのかなあと。


画像


で、種袋には3粒ずつと書いてあるけど、一粒ずつだねえ。

こんなもん、種袋には10粒くらいしか入ってないのに、3粒ずつも蒔いたらポット2個でお終いじゃん。
ということは二株しか作れないということだよ。

それでは困ってしまうよね。 もちろんそんなに沢山の株は要らないんだけど、実際には4株くらいが無事に育って、そのうちの3株を植え付けると言うような感じになるかなあ。


なので一粒ずつで6個種を蒔いて、このうちの4個が育てばいいという計算だね。
リッチーナは苗がほしいと言う人がいるので、少し多めだけどね。



で、この後多めの覆土をして水をしっかり遣れば出来上がりだよ。

画像


あ、手順から言うと、まずポットに適当な量の用土を入れて、先に水遣りをするんだ。 しっかり染み込むようにやるのがコツだよ。 それをしばらく休ませて用土が完全に水に馴染んだら、その上に種を置いて。
それから覆土をするんだ。 その上から更に覆土が十分に湿るように水遣りをする。


その覆土を厚めにしないといけないという話しでね。
何故かと言うと、こういう大型の種は覆土が薄いと根が出たときに種が持ち上がってしまうんだねえ。

つまり全ての植物がそうなんだけど、発芽というのは必ず根が先に出るんだねえ。 根が伸びてから葉が出る。
ところがこういう大きな種は根も強いので、覆土が薄いと種ごと持ち上げて地表に出てしまうんだ。
これでは不味いのでね。 それを押さえつけるくらいの厚さの覆土が必要なんだよ。

逆に小さな種だと、覆土が厚いと根が出ても芽が表面に到達するまでにくたばってしまうので、芽が出ないということになるんだねえ。


そういう理屈を知って種蒔きをすると失敗が少なくなるからね。



そうそう、発芽といえば先日のピーマンとシシトウも芽が出たよ。

画像


緑のポットがピーマンで、茶色がシシトウだね。

そろそろ畝の準備をしないといけないんだけど、こいつらは成長が遅いのでねえ。 まだ植え付けまでには相当な時間がかかるんだ。 だから慌てる必要はない。








ところで話しは変わって新しい畝作りの話し。

先日のニラの続きに新しい畝を作ってやろうと思ってね。

画像


実はこれは以前農水路の側に溝を掘った時に出来た土でね。
これがまた当然粘土質で硬いんだ。 乾くとカチカチで叩いたくらいではなかなか砕けない。 まるで石か岩のような感じでね。 ところが濡れると今度はネバネバの粘土そのもの。 叩いても砕けずに潰れるだけ。

こんなもので畝になるのかなあ。

これは石鍬で思いきり叩いて少しだけ砕いたところなんだけどね。



それでまずはこの上に糠を蒔いて。

画像


いやー、土壌細菌にお願いして少し分解してもらおうかと。








それからこの上に草を削って出来た土を乗せて。

これがその土だよ。

画像


これは畑の除草をしたときに、削った草と土を一緒に積み上げておいたものだねえ。
なのでまだそれほど分解も進んでないので、そのまま土として使える状態ではないけどね。








これを上からばらまいて。

画像


まあまあ結構な量乗せているんだけどね。 










その上から再度糠を掛けて。

画像


これでこの中途半端に分解が進んでいる土を、また土壌細菌にお願いして綺麗に分解してもらおうという作戦だね。









このままでは乾いてしまうので、上から山土をかけて蓋をしてやろう。

画像










このままでもいいんだけど、ついでに水を掛けておこう。

画像


まあ、そのうち雨も降るだろうから、このまま放置でも構わないんだけどね。
でも一日でも早く土に帰ってほしいのでね。


あ、土壌細菌が活発に働くためには水分が必要なのでね。 定期的に水を掛けてやると効果的だよ。



ということで、これは結構しんどい作業だったねえ。





さて、これが今日の畑。

画像


目に見えるような変化はないけどね。 それでもどんどん春に近づいているねえ。

それにしても今日は暑かったねえ。 この作業ですっかり汗をかいてしまったよ。
明日もそこそこの気温らしい。 ちょっと暑すぎだね。



明日は何を? 予定は未定。 まだ何も考えてないんだ。

何時もどおりケセラセラで行こうかなあ。




ありがとうございます。









明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ





この記事へのコメント

ゆう
2019年03月29日 05:28
おはようございます。ほっこり133植えたいのですができるだけちゃんとした種がほしいです。収穫量よりも安心して家族に食べてもらえるほうがよいのですがどこの種がオススメですか?ひげおやじさんはどこで買ってますか?
アジの開き
2019年03月29日 07:07
いつもきれいに育苗されてますね。
ポットは毎回新調されていますか?
mejiro7979
2019年03月29日 21:33
「苗」
ホームセンターで買えば税抜き「55円」

・・大好きなシシトウ
種から育てるともっともっと好きになるのかなって(^_-)-☆
ヒゲおやじ
2019年03月29日 22:45
ゆうさん、ありがとうございます。
お勧めはありません。 大手種苗メーカーの種なら、どこも同じようなものです。 安全安心はわかりません。大手種苗メーカーが販売しているものと言っても、生産国は様々ですからね。品質管理は出来ていると信用するしかないですね。
ヒゲおやじ
2019年03月29日 22:47
アジの開きさん、ありがとうございます。
いえ、このポットは硬くて非常に使いやすいので、毎回綺麗に洗浄して使っています。 薄いペラペラのポットはほぼ使い捨てです。 最近は使ってないですけどね。 この硬いポットは1個が15円ほどします。
ヒゲおやじ
2019年03月29日 22:50
mejiro7979さん、ありがとうごさづいます。
そうですねえ、ホームセンターか種苗店で苗を買うのが一番手っ取り早いですね。 でも作りたい品種の苗はまず手に入りません。 なので仕方なく種からやっています。 それにしても55円は安いですねえ。 品質は大丈夫ですか?
ゆう
2019年03月30日 19:58
解りました、ありがとうございました(^ー^)購入して、うえてみます。
キニナール
2019年04月06日 10:45
ヒゲおやじさんが自家採種してるリッチーナってタキタ種苗のF1韓国カボチャですよね?F1種を自家採種して収量や果形や味、病害や草勢など変化がありませんでしたか?リッチーナって人気ですよね、タキイのオンラインショップで早々に売り切れになってましたから。
ヒゲおやじ
2019年04月06日 22:58
キニナールさん、ありがとうございます。
いやー、もう何年もやっているので、元々の種がF1だったのかどうかもわかりません。 別に毎年同じように採れているし変化はありませんよ。

この記事へのトラックバック