キャベツ、レタスの鉢揚げ! もうその時期だからね。

鉢揚げ!と言っても本来の意味ではなくて、セルトレーからポットに植え替えるということだからね。
セルトレーに蒔いた種も、ようやく本葉が出て来て、そろそろポットに移してやらないと。
このまま放置するとヒョロヒョロの老化苗になってしまうからね。


その苗は今こんな具合だよ。

画像


左側がレタスで右側がキャベツだねえ。







こちらがレタスの苗。

画像









それからこちらがキャベツだよ。

画像


どちらも本葉が出ているだろう。

この時期を逃してはいけないんだ。 これを放置すると狭いトレーの中で根が巻いてしまって、ヒョロヒョロ苗になってしまうからね。









まずはポットの準備。

画像


ポットに野菜の培養土を入れて、しっかりと水遣りをして、しばらく置いたものだねえ。

今回は種蒔き培土ではなくて野菜の培養土を使うんだよ。
種蒔き培土は種を蒔くときには非常に効果的なんだけど、この中にはほとんど肥料分は入ってないか入っていても極僅かなんだよね。 その方が種蒔きには都合がいいというか、ヘタに堆肥なんぞが入っていると種が腐ってしまったりすることもあるからね。

発芽には土の養分は全く必要なくて、種の中の養分だけで発芽するのでね。
ただし、根が出て自分で養分を吸収することが必要になると、土の中に養分が入っていないと不味いんだなあ。


なので、こういう植え替えは非常に合理的なんだ。


では早速植え替えをしよう。

まずはポットの真ん中を広げて大きな穴を開けよう。

画像








次にピンセットでセルトレーから取り出した苗を、この穴に入れてやる。

画像


これまで色々やってみたけど、このピンセットが一番使いやすいねえ。

と言っても家庭用の小さなやつではダメで、これは園芸用の大型のやつだからね。








で、穴に収めたら周りの土を根元に寄せて、しっかりと押さえておこう。

画像


特にレタスは根元が弱いのでね。 水をやるだけで倒れてしまったりするからねえ。








キャベツも同じようにして植え替え完了だよ。

画像









まだ少し苗が余っているので、それも別のトレーに植え付けて。

画像


これで植え替え作業完了だね。


これを育苗棚に格納して、今日の作業終了だよ。


昨日も一日雨、今朝も昼頃までは細かい雨。 当然畑に出ることは出来ないよね。

ニンジンとかカブの種蒔きもしたいんだけどね。 この状況ではちょっと無理。




ということで、今日の畑。

画像


何の変わりもないけどね。



さて、明日は一転晴天の予報なんだけど、この状況では作業は難しそうだねえ。

出来れば第二の方にも行きたいんだけどなあ。



まあ、明日の様子を見てから考えることにしよう。





ありがとうございます。








明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ






この記事へのコメント

まゆみ
2019年03月08日 12:58
ひげおやじさん聞いてください。
同じように真似してキャベツとレタスの種をまきました。
今日見たら、キャベツに本葉がちびっと顔出してました。
嬉しー。
ヒゲおやじ
2019年03月08日 23:19
まゆみさん、ありがとうございます。
おー、よかったですねえ。それは楽しみです。
もう少し本葉が大きくなったら植え替えをしましょう。 あ、トレーに種を蒔いている場合の話しですよ。

この記事へのトラックバック