エダマメの種蒔き! もうそんな季節だよ。

まだ急ぐ時期ではないけど、早生系のエダマメならそろそろ蒔き頃だねえ。
ということなんだけど今回はチョイとひと工夫。 それは本文の中で。



では早速始めよう。


今回蒔くのはこれ。

画像


これも以前に何回か使ったことがあるんだけど、結構いけるかも。








蒔くのはこの畝。

画像


まずは畝の上部を平らにしたところだねえ。


で、ひと工夫とは?

畝に竹が2本立っているだろう。 これがその工夫なんだねえ。
何のこっちゃ、ようわからん。


はいはい、これから説明するよ。
まずここはこちら半分に早生系のおつなひめを植えて、向こう半分に晩生のあおじを植える予定なんだねえ。

それで畝の丁度半分くらいのところに目印の竹を立てて、この竹よりこちら側がおつなひめを植えるところだねえ。 さらにそのこちら側の半分のところにもう一本立てているんだ。 これがそのひと工夫なんだなあ。


更にわからんがな。

うーんと、あのね。 エダマメの旬って知ってる?  これって実は本当に美味しいのは最盛期のほんの一瞬なんだよね。 そう、精々10日間くらいかなあ。 なのでエダマメの場合は、実が生り始めたら様子を見ながら何度も試食するんだ。 早すぎても不味いし遅すぎても美味くない。


それで丁度ベストの期間が精々10日間くらいなんだよね。 つまりこれが旬だねえ。
旬というのは月のうちの十日という意味だよ。 だから上旬とか中旬とか言うだろう。

つまりそれくらい旬というのは短いということでね。 この期間にできるだけ収穫して食べないと損をするてなもんでね。


それで今回種を蒔くのは、手前側の半分だけ。 残りの半分は10日くらい後に蒔こうと思っているんだ。
こうすることで、少しだけど旬をずらせる事が出来るだろう。 手前半分の旬が過ぎる頃には向こう半分の旬に入るというわけでね。

ならばこれを延々と続ければいいかというとそうも行かないんだなあ。 この品種の栽培期間は決まっていて、旬の期間も決まっているということでね。 それを外れてしまうと上手く行かないんだ。

その栽培期間の中で少しずつ植え付け時期をずらしていくと、少しだけ旬を楽しむ期間が長くなるという考え方だねえ。

もちろんこれは枝豆だけでなくて、他の野菜でも応用出来るので、色々工夫してみるといいねえ。


どう、意味わかる? だから極端なことを言うと、2本ずつ二、三日置きに植えていくなんてことも有りだよ。
でも、余りにも面倒くさいのでやらないけどね。



ということで、今回は直蒔きなので4粒ずつ。

画像


3粒でも十分なんだけど、実はヒゲおやじは枝豆は直蒔きもするんだけど、どちらかと言うとポット蒔きの方が多かったんだよね。 そしたらこの豆の種袋を読んでみると直まきをするように書いてあるんだ。
ポット蒔きの場合は若苗を植え付けるようにと。 つまり芽が出たら直ぐに植えつけろということだねえ。
ということは直まきの方が向いているということだよね。


で、直まきを選択したんだけど、通常だと3粒蒔きにするところを今回は4粒蒔いたんだ。
3粒だと通常は3粒か2粒は発芽するのでね。 でも一定の割合で1粒しか発芽しないこともあるんだねえ。
枝豆は一ヶ所に2本植えるのが基本なので、1本では具合が悪い。 なので4粒蒔いておけば、まず間違いないだろうという計算だね。






種蒔き培土で覆土して、しっかり押しつけて種を固定して。

画像









この後は水遣りだね。

画像


初回はしっかりと水遣りをしておこう。 蒔き穴だけでなくて、畝全体が湿るように蒔くことが大事だよ。


あ、そうそう、その水遣りなんだけどね。 初回はしっかり遣るんだけど、それ以降は乾いたら遣るくらいにしないといけないよ。


あのね、種を蒔いたら水遣りが大事とばかりに、朝夕しっかり水遣りする人がいるんだねえ。
でね、この大豆系のものは過湿は厳禁でね。 やり過ぎると直ぐに腐ってしまうんだねえ。
種を蒔いたんだけど芽が出ませんみたいな事を言う人がいるんだけど、これほとんど水のやり過ぎだからね。

そうは言ってもあまりにもカリカリに乾かしてしまってもいけないので、そこは適当な水遣りは必要だよ。
まあ、通常だと適当に雨が降ってくれるので必要ないくらいのもんだけどね。


で、種蒔きはこれで終了なんだけど、このまま放置するとヤバイよ。

何処で見ているのかわからないけど、じっと狙っているヤツがいるからねえ。


なので不織布を張っておこう。

画像


そうこれは乾燥防止の意味もあるけど、大体は鳥除けだね。


さあ、これで種蒔き完了だよ。






ということで、これが今日の畑。

画像


こうやって今の時期はどんどん畑の様子が変わっていくねえ。


サクラもピークを過ぎて散り始めたし、いよいよ夏の季節到来だね。 いやー、マジで日差しが強くなってきたからねえ。 ヒゲおやじの手なんか日焼けで真っ黒けだよ。



そうそう、今の時期は新一年生が一列になって下校してくる。 アハハ、可愛らしいねえ。

まだ給食が始まってないので11時半くらいには帰ってくる。 なのでお母さん方も大変だね。
行ったと思ったら直ぐに帰ってくるからね。 何をする間もない。 給食が始まったら少しはゆとりが出て来るけど、昼過ぎには帰ってくるからねえ。 午后の授業が始まると大分楽になるけどね。




さて、明日は晴の予報。 オクラの続きをやってしまうかなあ。
でもわからんけどね。




ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ







この記事へのコメント

ゆう
2019年04月12日 20:41
枝豆うちもまきます。去年時期がおくれて収穫できずにおわりました、、、今年こそはたくさんの収穫めざします。令和にかわりますし、心機一転して畑にせいを出します(^ー^)
暇人寮監
2019年04月12日 23:12
いつも寝る直前に見ています。
愛知県尾張地区、4月に連続で強めの霜。
初めてジャガイモをやられました。
やっと新しい芽が出てきましたが今シーズンは
収穫量・時期とも相当遅れそうでがっくりです。
これから少しずつ暑くなります。
まだまだ盛夏の温度よりも低いですが
体が慣れておらず、かつ作業の繁忙期ですので
しっかり水分と塩分の補給で乗り越えてください。
ブログ楽しみにしています。
ヒゲおやじ
2019年04月12日 23:35
ゆうさん、ありがとうございます。
まあ、あまり頑張らずに楽しみながらやってください。
家庭菜園は楽しむのが一番ですからね。
ヒゲおやじ
2019年04月12日 23:37
暇人寮監さん、ありがとうございます。
あら、霜が降りましたか。 ジャガイモは霜に弱いですからね。それでもまたあららしい芽が出るので何とかなりますよ。
はい、水分が必要な気温になってきましたね。お互いに気を付けましょう。
ミッキー★
2019年04月13日 21:09
ヒゲおやじさん、こんにちは。
ブログ楽しみに見ています。
種まきからやってみようと試行錯誤しているところですが、なかなかうまくできません。
おやじさんはポットをどのような場所で管理されてますか?
ヒゲおやじ
2019年04月13日 23:18
ミッキー★さん、ありがとうございます。
ポットは育苗棚に置いてあります。 日当たりが良くて暖かい場所です。
直射日光が当たらない明るい日陰と思えばいいですね。 芽が出たら思いきり日光浴させます。 失敗する人のほとんどが水のやり過ぎです。 種が窒息死している状態ですね。 乾燥させてしまってはいけないのですが、やり過ぎはもっといけません。土が乾いたらやるようにするといいですよ。
ミッキー★
2019年04月14日 09:58
そうなんですねぇ~水やり加減⁉️
難しいですね。
また種まきトライしてみたいと思います。

詳しく教えていただき、ありがとうございました。ヒゲおやじさん🎵

この記事へのトラックバック