久しぶりにチャリ遊び! 動くのかなあ?

久しぶりにチャリを引っ張り出してみた。 うわー、埃だらけの汚い姿。 これって動くのかなあ。 前回乗ったのは何時だっけ。
いやー、もうわからないくらい古いよねえ。 ブログなんかをひっくり返してみると、最後の記事が2014/11/19だねえ。
タイヤ交換の記事が残っていた。 読んでみると面白いねえ。 いやいや、自分で言うのもなんだけど、実に面白い記事だよ。 もし興味があれば読んでみてほしいなあ。


ということで、まずは動くかどうかの話だねえ。

これが引っ張り出したチャリ。

IMG_8065.JPG

どうよ、なんとも煤けてみすぼらしいだろう。

でもこれ、超一流の自転車なんだよ。 車種からいうとMTB、つまりマウンテンバイクというやつだねえ。
何でこんなものに乗っているの? と言われそうだけど、詳しい話は最初に紹介した記事に載っているので簡単に言うと、元々はドロップハンドルのロードバイク、これは日本でしか通用しない言い方で正しくはレーシングバイクというんだけどね。 これに乗っていたんだねえ。

天気がよければ毎週のように乗り回して、そうだねえ一日に100キロくらいは走ったかなあ。

ところがこのロードバイクは、オンロードを高速で走るように作られているので、タイヤは細いし空気圧はカチンカチンに高いんだねえ。
なので少しの段差でもガチーンと跳ね返るようなショックで、そのために首を痛めて走れなくなってしまったんだ。 激痛だよ。
しばらくはおとなしくしていたんだけど、やはり走る爽快感を忘れられずにある自転車屋さんに相談に行ったんだねえ。

そこは極普通の町の自転車屋さんなんだけど、そこの主人が自転車大好き人間で、こういうスポーツバイクにも非常に詳しい人でね。
愛媛大学のサイクリング部の技術顧問みたいなこともしていたようで、学生達がいつもたむろしていたんだ。

それで色々事情も説明して、何かいい車種はないかと相談したんだねえ。 そしたらMTBに乗ってみるかと言われたんだ。
いやー、そんな車種は知ってはいたけど乗ったこともないしね。 MTBならサスペンションが付いているので、少々の段差は簡単にクリアしてくれるそうで。

それならと、どのメーカーのどんな車種がいいかと色々調べてもらって。

あ、自転車というのは全部同じではなくて、色々サイズがあるんだよね。 身長や股下の長さ、手の長さなどを図ってそれに適した車種を選ぶんだ。 なのでプロやアマチュアでもレーサーは全部自分の体に合わせたオーダーメイドの自転車に乗っているんだよ。 

まさかヒゲおやじがオーダーメイドというわけにはいかないので、色々調べてもらって、これなら何とかいけそうだというのを選んでもらったんだよね。 それでさらに改造をくわえて、つまり手の長さが短いので、ハンドルの長さを切り詰めてもらったりとか。

そういう改造をくわえてやっと乗れるものになったということでね。

それがこの自転車だねえ。


汚れは掃除すれば綺麗になるけど、問題は乗れるかどうか。 多分5年間も放置していたのでかなり難しい状態ではあると思うけどね。

一番の問題はタイヤに空気が入るかどうかだねえ。

何しろこういうスポーツバイクはバルブが特殊だからね。 あ、バルブというのは空気を入れる口金のことだよ。
一般のママチャリとか通勤通学用の自転車はイングリッシュバルブ(英式)というタイプで、レーシングバイクなんかのスポーツバイクはフレンチバルブ(仏式)というタイプなんだねえ。 


その違いはこんなもんだよ。

IMG_8083.JPG

これはキャップを外した所だけど、ごく普通の見慣れたやつだろう。 これが英式だよ。 そうママチャリのやつだ。







それに対して仏式は。

IMG_8087.JPG

ほら、全然違うよね。 もちろん空気の入れ方もポンプも違うんだねえ。







そのポンプはこちら。

IMG_8097.JPG

このポンプも年季が入っているよ。 MTBと一緒に買った物だからね。






これは英仏どちらにも使えるタイプでね。

IMG_8098.JPG

こんな形をしているんだ。 それで黄色で印をしたところがお馴染みの英式の洗濯ばさみで挟むようなやつだねえ。
仏式にするにはこれを引き抜いて使うんだよ。


仏式専用のポンプならそのまま使えるんだけど、この場合は専用のアタッチメントを使わないといけないんだねえ。



それがこちら。

IMG_8106.JPG







それでさっきのバルブのところ。

IMG_8114.JPG

そう、この先端の金具を一番上までクルクルと回して引き上げて、それから一度軽く押してやるんだ。
このときプシュッと音がして少し空気が抜ける。







それを確認したら、今度はさっきのアタッチメントをねじ込んで。

IMG_8115.JPG







ここにようやくポンプを接続だねえ。

IMG_8118.JPG

どうよ、面倒くさいだろう。

しかもさっきの口金は極めて弱いので慎重に取り扱わないといけなくて、これが折れたり曲がったりしてらお終いだからね。


それで空気が入るかどうかというのは、このプシッュとがあるかどうかわからないのでね。 というのも長年放置していたのでタイヤの中の空気はほとんど抜けてしまっていて、ちょっと無理かなあという状態だったからねえ。

それが押してみると、コツンと音がして抜けたんだねえ。


よーし、やった。 これなら入るぞ。 と思いながらポンプを接続して。
おっかなびっくり押してみると。 なんと入る入る。 やったー、だね。


で、どのくらい空気を入れたらいいの? だよねえ。 みんな普通は指で押してみて、まあこんなもんだろうと適当だよね。
でも、スポーツバイクの場合は空気圧が非常に高いので、そんな適当では不味いんだなあ。 常に適正な空気圧を保たなければいけないんだ。


そのために、ポンプにこんなメーターが付いているんだよ。

IMG_8116.JPG

Psiで44、KPaだと300くらいかなあ。

Psiというのはポイント スクエア インチの略で、KPaはキロパスカルの略だねえ。
どちらも空気圧を表しているんだけど、パスカルというのはお馴染みだね。 天気予報でよく聞くだろう。 以前はバールと言っていたけどね。


で、この空気圧をタイヤの適正空気圧に合わせないといけないんだねえ。

タイやの適正空気圧はタイヤに書いてあるので是非一度確認をしてほしいんだけど。

IMG_8110.JPG

どう、見えるかなあ。

これはどんなタイヤにも書いてあるので、一度確認するといいねえ。


この空気圧というのはものすごく大事でね。 高すぎてもいけないし低すぎても事故やパンクの原因になるからね。



ということで、何とか無事に空気は入ったんだけど。

さて、メカは正常に動くんだろうか。

IMG_8067.JPG

こんなふうに自転車をひっくり返して、チェーンや色々なところを点検。

こんなことをしていると、道行く人が不思議そうな顔をして見ているけどね。 この人、何屋さんみたいな感じでね。

まずはチェーンを綺麗に掃除して注油。 それからチェンジがスムーズに動作するか、ブレーキの効き具合。 などなど点検や調整してして。





何とか一応動きそうなところまで持って行って。

IMG_8074.JPG

でも、まだ乗ってないので本当に動くかどうかはわからないんだよ。

それで早速試乗だね。


乗ってみると、動くには動いたんだけど、あら、チェンジはどうやるんだたっけ。
何しろチェンジレバーはバタフライ型の左右2枚づつのレバーなんだよね。 右は後、左は前のギア。 これが1枚なら楽なんだけどなあ。

最初は戸惑ったけど、直ぐに思い出して、あ、そうかそうか。 意外とストンストンと入ってくれる。
この車種は、前のギアが3枚、後ろのギアが9枚の27段変速なんだよね。 なのでレバーの動き幅が大きいんだなあ。


でも、何か慣れないので怖いなあ。 3キロばかり走ってみて終了。

何とかなりそうだね。 空気圧が少し足りない感じなので追加。


さあ、これで走れるぞ。 



というのが一昨日の話でね。



それで今日は少し長い距離を走ってみたんだ。 といっても10キロあまりだけどね。
大分感覚を思い出して、これなら何とか大丈夫そうだね。


これからは週一くらいでは走らないと。 これって、凄い運動になるんだよ。 特に心肺機能の強化にはもってこいだからね。



ということで、今日は久しぶりにチャリに乗ってみたというお話でした。


明日の午後には降り出して、その後ずっと雨の予報なので、これまたどうなるのかなあ。

まあ、何とかなるさしかないけどね。




ありがとうございます。






明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 75

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

tamaaan
2020年01月23日 11:57
こんにちは(^^)
おやじ様は、何でも器用にこなされるのですね(^^)
しかし1日100キロ!
ちょっとした旅の距離ですよ〜(o_o)
でも最近は雨続きで、畑も自転車もなかなか出来ませんね。
しかし雨でも暖かい雨ですねぇ。
今年は桜、ちゃんと咲くのでしょうか?
寒くならないとスイッチが入らないみたいな事をTVで言ってました。
玉ねぎもとう立ちしませんように…
ヒゲおやじ
2020年01月23日 23:00
tamaaanさん、ありがとうございます。
はい、チャリと写真はずっと長くやっているヒゲおやじの最大の趣味ですからね。 本当に暖かいですねえ。 11月12月に冷え込んでいるので、春が来たと勘違いしている可能性は高いです。 薹立ちはまず覚悟しないといけないかもですね。 さすがに桜はまだつぼみはかたそうですが、スイッチが入るかどうか。
mw
2020年01月27日 11:09
 趣味が合いますね!
 小生も高校入学時に当時の田舎ではあまり走っていない赤いドロップハンドル
を買ってもらい走ったことがあって、10年前の定年退職時に再びやろうかと、米
モンタギュー社の折り畳みを買いました。輪行をやろうと、、、、。しかし何だ
か電車に乗るのがめんどくさくなって結局毎日MTBを乗り回しています。エア
サスがあるので街中を走りやすいですよね。

ヒゲおやじ
2020年01月28日 22:53
mwさん、ありがとうございます。
あらー、そうでしたか。 それはそれは奇遇というかこんなことは珍しいですね。 チャリが趣味の人は始めてですよ。
先日もちょっと眺めの20キロほど走ってみたのですが快適でした。
またやみつきになりそうです。