キュウリの脇芽整理! これがなかなかの難問でね。

いや、別にやり方が難しいわけではないんだけど、それをやらない人が多いんだよね。 そこが難問なんだなあ。
これ絶対にやらなといけないよ。 ということで、今日はその難問に挑戦。 それがね、答えは簡単なんだけど、その写真を撮るのが超難問でね。 もちろん誰か手助けをしてくれる助手さんみたいな人がいれば簡単なんだけどね。 何しろヒゲおやじはすべてを一人でやっているので、こういうのは難しいんだよね。


でも難しくても何とかするのがヒゲおやじで。

キュウリも随分大きくなって、支柱の先端を超えそうになってきたねえ。 もう超えているやつもいるけど、その話はまた後で。

IMG_0104.JPG






でもよく見ると、あら~脇芽が。

IMG_0078.JPG

へー、ちょっと見ない間にこんなに大きくなって。 こりゃ不味いよ、早く整理をしてやらなくては。


整理って何をやるの? という話だよね。
キュウリはある程度大きくなると脇芽が沢山出てくるんだよね。 当然その脇芽にも花が付いてキュウリが生るんだなあ。
で、これを全部生らせてしまうとあまりよろしくない。 ということで、この脇芽を適当なところで切ってしまうんだ。

この切る作業が整理だよ。 




例えばこれ。

IMG_0080.JPG

あー、ピンボケだ。 こういうところで助手がほしいんだけどね。 周りの葉が邪魔になって、いいポジションが取れないんだよね。


えーと、オレンジの矢印が親蔓だよ。 そこから右側に出ているのが脇芽、つまり子蔓だねえ。

黄色の○で囲ってあるのがその脇芽に着いた花芽だよ。 これを何処まで生らせるかというのがポイントなんだねえ。
基本的には1個まで。 ただし2個までは大丈夫とされているんだねえ。

何が問題かというと、脇芽を整理せずに放置すると、この先にも際限なく花芽が着いて実が生ってくるんだねえ。
ならばいいじゃない。 と思っているあなた。 そりゃ間違いですぞ。

つまり放置すると確かに花は咲いて実は生るんだけど、だんだん小さくなって最後は実にならずに黄色くなって落下。
こんなの見たことあるだろう。

要するに、ちゃんとしたキュウリを食べたければ、1個が望ましいけど2個が限界だということだねえ。

それで今回は黄色の○で囲った2個を残すことに。 ヒゲおやじはいつもは1個なので今回は特別だね。


やり方は、この黄色の○の実の先に葉を2枚残して、その先でプッツン。 そう切ってしまうんだ。
残すのは赤で印をしたこの2枚の葉だよ。 それで赤い線のところからプッツンだね。

1個の場合もやり方は同じだからね。



ほら、こんな感じだ。

IMG_0081.JPG

赤の矢印が切ったところだねえ。


でも、どうもピンボケが気になってね。 これ助手さんがいれば横に広げてくれるので、わかりやすい映像になるんだけどね。
まあ、毎度のことなので、仕方ないよね。


こうやると脇芽にもしっかりした実が収穫出来るので、無作為に放置しないようにしてほしいもんだね。



あ、そうそう、こんなこともやってみたんだよ。

一番向こうのキュウリ2本がすでに支柱の高さを超えているんだよね。 いつもならこの高さで芯を止めてしまうんだけど、今回はお遊びでそれを横に延ばしてみようかと思ってね。

ほら、こんな感じで。

IMG_0105.JPG

これも品種によるんだけど、キュウリは元々が地這い性なんだけど、それを品種改良で立ち性に変えたんだよね。
でも本来が地這いなので、放置すると横に横に伸びようとするだろう。

なので、これもここから横に伸ばしてみようかと。 たまたま隣にトマトの支柱があったのでちょいと拝借だね。

これはもちろん単なる遊びなので、こうやればどうなるかなあくらいのところでね。 上手く行けば来年には何か活用するかもわからないけど、まあ、こんなお遊びも楽しいもんだよね。





そうそう、ナスも随分大きくなって。

IMG_0099.JPG








実も沢山成り始めたんだよね。

IMG_0088.JPG





こちらも。

IMG_0090.JPG

でも、これらは初果なので、早めに採るのがお勧めだね。 これを充実させてしまうと、後の実の生りが悪くなるからね。







ということで、収穫。

IMG_0091.JPG

キュウリもこれで3本目かなあ。 最初の1本は小さいうちに採るのがお勧めだよ。






トマトも大きくなってきたけど。

IMG_0100.JPG

なんか例年に比べると勢いがないような。






でも実が色づいてきたりして。

IMG_0102.JPG

もうちょっとかなあ。







あらー、これは凄いねえ。

IMG_0103.JPG

早く赤くならないかなあ。







リッチーナも随分伸びて、二階のベッドルームに上がってきたねえ。

IMG_0107.JPG

もうすぐ花が咲き始めるだろう。








ゴーヤーも芯を止めてやると一斉に脇芽が伸びてきて。

IMG_0109.JPG

後一週間くらいかなあ。 天井に届くよ。 サンシェルターももうすぐだね。







こちらは四角マメ。

IMG_0110.JPG

こちらも蔓が伸び始めたので、ここからは早いよ。

早くシェルターが出来ると嬉しいなあ。



それにしても畑じゅう草だらけ。 あっという間に伸びてしまったねえ。 これを早く退治しなければ、なんだけど、明日からまた雨の予報。
うわー、どうするかなあ。

まあ、そのうち何とかなるだろう。 んっ、どこかできいたようなフレーズ。 ああ、植木等か。 まあ、そういうことだね。
 




ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 101

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

小倉山の住民
2020年06月18日 00:38
こんにちは。
自分も今日はずっと雑草抜きをしていました。
最近苺の苗がネキリムシに根っこをみんな食べられてしまって萎れてしまったのを発見しました。
生前祖父はいつも踏みつけていたのですが、自分の手で捕殺するのも少し気が引けるのでやられた!と思いながらアリの巣の上に置いてみたらお見事クロオオアリが巣穴に連行していきました…笑
ちょっとした発見できたのでこれからは見つけ次第アリに連れて行ってもらおうと思います笑

今年の梅雨は去年より晴れ間があるので良いですね。
ネオ
2020年06月18日 00:44
こんばんは

奇遇です(笑)うちも今年はきゅうりを背丈で止めるところを
隣の畝に何もない事を良いことに横に伸ばしてます。
早朝から誘引しに行きますよ( ´∀`)
tamaaan
2020年06月18日 18:55
ヒゲおやじ様 こんにちは(^^)

ミニトマトが簾みたいに実がなるのは楽しいですよね(^^)
赤くなりだすとカラスさんが狙いに来ますね!
なるほど、胡瓜の蔓が横へ横へと進むのは元来、地這えだからですか〜知らなかった!
てっきり太陽の方へと進んでるものと思っていました(^^;;
夏の草は日々の闘いですね!
そろそろサンシェルターで密かに一杯が出来ますね(^^)
梅雨明け頃がちょうど囲われて、ビールも旨い季節かもしれませんね〜(*^^*)
マタ
2020年06月18日 19:05
東海地方は、昨日までの快晴とうって変わって梅雨の雨。

ということで、今日の午前まで、三日ほどかけて
雨の前までに!と計画的にガンガンの雑草を一掃しました。
昨日までは、畝の上の草を手で抜き、今日の午前は
草掻きで通路の草たちを掻き切り、ついでに土寄せと追肥。
相当な重労働でした。草抜きについては根気が要るのですが
「ひねり抜き」の技術がかなりあがってます。
拡がった草茎をひねりながら一本にまとめつつ抜く。
こうすると切れてしまう確率が格段に低減します。
もう、部活の練習ですが、面白い。どんどん上手くなる。
ということで、何でも楽しんで畑をやってます。。。
ちゃみがわ
2020年06月18日 21:08
脇芽取らなくちゃいけないです。ありがとうございました。
ラビー
2020年06月18日 22:32
キュウリはそのまま実らせてはダメなのですね。
脇芽は2個までですか。
ところで、下の葉はカットされないのでしょうか?
雨などで泥跳ねで葉が汚れてしまうとか?
ナスはカットされてますよね?
キュウリもでしたかね?
ももちゃん
2020年06月20日 11:15
久しぶりのメールです。
キュウリの整理ですが、友達が良かったと言ったので、去年真似をしてみました。
それは温室トマトと同じやり方で、先端を切らずにつる全体を支柱に沿って下にずらしていく方法です。勿論↓下の方の葉は切ってます。蔓は下の方で丸くなってます。適当に追肥をすると二番手、三番手も不要で、1シーズン同じ物で十分採れました。
ただ品種は 節成り がいいそうです。
狭い家庭菜園ではうれしいやり方ですが、手がかかります。
脇芽も出ますが、オヤジさんのやり方でカットしてます。
今年は天候不順が心配で、二番手を蒔くか思案中です。
ヒゲおやじ
2020年06月20日 23:07
小倉山の住民さん、ありがとうございます。
えー、蟻葬ですか。 うーん、なかなかのものですねえ。(笑)
ヒゲおやじ
2020年06月20日 23:08
ネオさん、ありがとうございます。
あら、そうでしたか。 それは楽しみですね。
また結果を教えてください。
ヒゲおやじ
2020年06月20日 23:10
tamaaanさん、ありがどうございます。
はい、もうすでにカラスがやってきていますよ。
どう防御するか考え中です。
ヒゲおやじ
2020年06月20日 23:12
ちゃみがわさん、ありがとうございます。
はい、品種にもよりますが、基本的に脇芽というか子蔓の整理は必要です。
実を1個か2個野崎に葉を2枚残して切ってしまいます。
ヒゲおやじ
2020年06月20日 23:15
マタさん、ありがとうございます。
お疲れ様です。 えーっ、ひねり抜きですか。 なんと秘伝の技ですね。
へー、面白そう。 やってみます。
ヒゲおやじ
2020年06月20日 23:18
ラビーさん、ありがとうございます。
もちろんキュウリもカットしますよ。 でも今年は何故か下葉が病気にならなくて、多分籾殻を入れたからなのかなあとは思っていますけどね。
それでもさすがに、思いついて今日カットしました。
実物はトマトも含めて全部同じです。
ヒゲおやじ
2020年06月20日 23:22
ももちゃんさん、ありがとうございます。
はい、そのやり方はずっと以前からあります。 スペースが少なくて二番手とか作れない人にはお勧めです。 ヒゲおやじも以前はやっていましたけど、ずっと同じ品種を食べないといけないので、ちょっと面白くないかなあと止めてしまいました。