ずぼら手抜き農法、第三弾! これがいいかも。

前回は新しい馬糞堆肥に悪戦苦闘したけど、今回はこういう粘いゴロゴロ堆肥でも大丈夫な溝施肥にすることに。
そう一番最初にやったよね。 溝施肥なら砕けようが砕けまいが、そのまま埋めてしまうので全く関係なし。 これならサラサラでもネバネバでもどちらでもOKだよね。 でも、第一弾とはちょっとやり方が違うけどね。


それでは早速始めるとしよう。

やるのはこちら。

IMG_1233.JPG

もうすでに沢山生えていた小さな草は、取り除いたというか削っただけなんだけどね。








最初のやつは畝の真ん中に溝を掘ったけど、今回は両側に掘ることに。

IMG_1234.JPG

ここはもう鍬で掘るしかないのでね。

しばらく鍬を握ってなかったので、なかなか感覚がつかめなくて。 いやー、鍬の刃先が思ったところに思った角度に入らなくてね。
こんなものもやはり普段の修練が必要なんだなあと思った次第で。 しばらくすると慣れてきたけどね。


あ、そうそう、何で両側かというのは、ここはソラマメを植える予定のところでね。 真ん中だと根に直接当たるので不味いかなあということなんだよね。 ソラマメは横に根を張るので、大きくなった頃にここに到達してくれれば丁度いいかなあという感じだね。

それとソラマメの植え付けは11月上旬頃になるし、根がここまで到達するのにはもう少しかかるからね。
そうなるとそれまでにはそこそこ堆肥の分解も進むだろうという予測なんだけどなあ。 さあ、果たしてそう上手く行くかどうか。



そこに溝を掘って。

IMG_1235.JPG

出来るだけ深い方がいいと思うけど。







その溝に例の馬糞堆肥を入れて。

IMG_1237.JPG

今回は前回よりは少し軽くて、多少は使いやすかった感じだけどね。
でも、雨の当たらないところに置いていたんだけど、袋の下は漏れ出した茶色の水で濡れていたので、やはり野ざらしの場所に置いていた可能性が高いねえ。 堆肥を作る生産会社がそんなことをするわけはないので、やはりホームセンターの管理が杜撰だったということかなあ。


でも、今回のような溝施肥だと、そんなに細かく砕く必要もないので、全然問題なし。




後はその溝を埋めて少し形を整えたら出来上がりだよ。

IMG_1239.JPG

さて、このまま寝かせて、後は上手く行くことを祈るだけだね。


堆肥を入れて直ぐに植え付けたい場合は、こういうやり方は不向きだけどね。 というか、堆肥を入れること自体が不向きかもね。





ところで今年は種を蒔いてもなかなか上手く発芽しないなんてことが続いたんだけど。

ようやくニンジンが発芽してくれたよ。

IMG_1247.JPG

これは2回目だけどね。 1回目はなんと3本しか発芽しなかったんだ。 今回ようやくそこそこ揃って芽が出たということでね。
多分これは気温の関係だと思うんだけどなあ。 やはり発芽適温というのがあって、それより高くても低くても芽は出ないんだよね。

なので今年のようにずっと高温状態が続くと、いくら種袋に蒔き時が書いてあったとしても、そのままでは発芽適温に合わないということも起こるんだなあと思った次第で。 いや、マジで今年は勉強になったねえ。





それからこちらはタマネギだよ。

IMG_1242.JPG

まずまずいい感じで出ているねえ。 昨年は逆にこれが出なくてねえ。 結局苗を買ったんだけど、これも上手く育たずに収穫はほぼゼロ状態になってしまったんだけどね。

さて、今年は上手く育つのかなあ。 








ということで、今日の畑。

IMG_1241.JPG


ここのところ色々忙しくてねえ。 なかなか記事を書く余裕もなくて。


先週の土曜日は小姫の最後の運動会で。

いやー、思えば長かったなあ。 最初は大姫の幼稚園の運動会から始まって、若、小姫とそれぞれ幼稚園から小学校中学と続いて。
ヒゲおやじは写真担当なので毎回いいアングルで捉えようと走り回って。 大姫と若は小学校でダブって、大姫が中学に入ると今度は若と小姫がダブって。 なので忙しいのなんの。 中学と小学校は一週間違いであるので、そのどちらも行かないといけないだろう。


楽しいと言えば楽しいんだけど、マジでしんどかったなあ。 一人だとそうでもないんだけど、二人いると撮影にいい場所を探して動き回らないといけないので、おまけにずっと立ちっぱなしだからねえ。 100メートル走なんかだと、スタート位置とゴール位置の確認と何番目に走るかとか、グループ演技だとどの辺りに居るかとかを事前に情報収集しておかないといけなかったりして。 運動会の写真も大変なんだよね。

何枚写したんだろう。 多分全部合わせると数千枚にはなっているかもね。 だって、20年間だからねえ。 


でも、それも今回で終わりだ。 なんかホッとしたような、また何とも寂しいような複雑な心境だね。

大姫はもう卒業して社会人、若は来年は大学に行くのかなあ。 小姫は高校生になるんだ。 いやー、長かったような早いような。


ふーっ、ちょっと一息だね。




また台風が近づいているねえ。 被害がなければいいんだけど。




ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 105

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

信濃ファーマー
2020年10月07日 12:08
こんにちは。毎日農作業お疲れ様です。
早いものですね。姫や若の運動会や芋掘りの楽しそうな写真ブログで拝見していたのがついこの前のように感じます。美味しい野菜で大きく育ってくれましたかね?☺️
先日はツタンカーメンの種取の件ありがとうございました。確かに味は昔にくらべて甘味が増えてきていると思います。
これはこれで楽しむっていうことにしました。寒さに強いオリジナルに育てて長野で栽培続けていきます。
みーの
2020年10月07日 12:58
いつも参考にさせて頂いてます。
キャベツなんですが、虫にやられました。
新しい苗を同じ場所に植え直しても大丈夫でしょうか?
マリンちゃん
2020年10月07日 14:15
ヒゲおやじ様、お久しぶりです❗️
お陰様で夏野菜はキュウリ・なすは申し分ない収穫量で、特になすは一枝一果法が良かったのか今だにピカピカなすが採れます‼️
キュウリは2株で200本程で、なんの手間もかからずスクスク育ち楽しめました。家族では消費しきれず、ほとんど近所や職場へ…💦
そのかわり、トマトがドリル穴あけ青虫を放置した為に後半の実が全滅( -д-)ゴーヤも9月半ば以降ウリノメイガ大発生で薬効かず全滅(._.)メロン&スイカも各1個のみ。
ひとつ失敗したのがオクラ!8月終盤実も成らなくなったので抜きましたが、どうやら脇芽を育てればまだ収穫できたらしい…。調べたりヒゲおやじ様に相談すれば良かったな~⤵️
ここで質問です!
キュウリ・なす・トマトの後作の秋冬野菜は、だいこん・白菜・玉ねぎ(早生か中生タイプで苗から)を植えるとしたらどう配置しますか?なす跡地は11月以降植付け予定です!

ちなみに来春は一区画ごとずらして夏野菜を植付け予定です🎵
マタ
2020年10月07日 18:12
東海地方は本格的な秋になったよう。曇ると肌寒い。

去年、大根や白菜やカブにダイコンウリハムシの大発生しました。
小学生の頃に使っていたヤマトのりのような糊を割箸の先につけて
一匹づつ駆除する、という気の遠くなるような方法が
結局は最善、と気づいて敢行したのですが、白菜はほぼ全滅。
大根とカブは持ち直しました。てことで、今年は植え付け以後
毎日朝夕に巡回と駆除を実施しています。
大根、白菜、カブにはダイコンウリハムシが、キャベツには
モンシロチョウが、ニンジンにはキアゲハが、全般にアブラムシも。
目視で一匹づつ捕獲するつもりで見ていると色々見つかります。
葉を切られた大根の根元でネキリムシも捕獲しました。
やっぱりこれが一番確実ですね。
恵美ちゃん
2020年10月07日 21:52
ひげおやじ様〜 お疲れ様です〜

手抜き農法!お疲れ様でした〜
私も何かにつけて手抜き大好き!!!!!

手抜き農法のその後!楽しみにしてますよ〜ご報告楽しみ(≧▽≦)です

運動会でのカメラマン! お疲れ様でした………私も思えばいつもカメラマン!
あの頃は大きな重いカメラを持ち走り回ったものです(✿^‿^)
今はデジカメ!いい時代になりましたね〜

今年はコロナで全国の子供達!
運動会やら修学旅行やらに影響があり
修学旅行もないなんて…

せめて近場の旅行くらいさせてあげてーーと思う今日この頃です〜

本当、ちょっと寒くなりました〜

お身体に気をつけて!
tamaaan
2020年10月07日 22:00
ヒゲおやじ様 こんばんは(^^)

畑を照らす太陽の感じもすっかり秋ですね!
小姫さんの運動会は、感染防止で大変だったのではないでしょうか?(汗)
お疲れ様でした(^^)
玉ねぎの苗、やはり、すじ播きした方が、しっかりした発芽なのでしょうか?
おやじ様の写真を見ると、そう思います。
セルトレイに一粒ずつ蒔いているのですが、なんだかヒョロヒョロとしていまして…
仲間同士でお互い支え合う方が良いのかな…と思っています。
台風と秋雨前線、たくさん降りませんように。
ラビー
2020年10月07日 22:38
馬糞堆肥、畝の脇に掘って施肥良いですね。
これなら根が伸びた時に上手く食いつく事と思います。
私もニンジンは二回種まきしました、1回目はまばらにしか出なかったので再度撒きました。
そうしたら二回目は皆芽が出て来て驚きです。
やはり時期なのでしょうかね?
我が家のネギと玉ネギは皆良く芽が出てくれましたね。
今日はその両ネギに水肥料の前に、かたぎりました。
鍬ではなく、小さな草を取り除いた時に、鎌で苗の下に土を寄せる程度ですけどね。
うめ
2020年10月09日 17:38
こんにちは。
カブは播種後どんな感じですか?

私は聖護院カブを播種しましたが1週間経っても発芽せず、再度播種して1週間経っても発芽しません(笑)
2回とも間隔を開けて播種しましたので、3回目は条撒きで様子を見ているところです。
土は極力薄くかけ、水は毎朝かけてます。露地栽培です。
助けてください(笑)
ヒゲおやじ
2020年10月12日 10:03
信濃ファーマーさん、ありがとうございます。
そうですね、今後はこれ以上交配が進まないように、出来るだけ他のエンドウとは遠ざけることが出来ればいいですね。
ヒゲおやじ
2020年10月12日 10:06
みーのさん、ありがとうございます。
早い時期なら全然問題ないですよ。 前回植えて収穫が終わった後にもう一度というのは避けた方が無難です。
ヒゲおやじ
2020年10月12日 10:11
マリンちゃんさん、ありがとうございます。
それは立派な成果でしたね。 オクラはもしかしたら肥料不足かも知れません。
適宜追肥が必要です。 ダイコン、ハクサイはアブラナ科だしタマネギはネギ科なので、ナス科やウリ科の後に何をどう植えても問題ありません。

ヒゲおやじ
2020年10月12日 10:16
マタさん、ありがとうございます。
それはかなり苦戦しましたねえ。 確かにこういう連中は目視で捕殺が一番ですからね。 ものすごく手間がかかりますけど。 でも、その手間の分収穫も来たい出来るというもので。 ヒゲおやじはそこまではなかなか出来ません。 ほぼ放ったらかしです(笑)。
ヒゲおやじ
2020年10月12日 10:21
恵美ちゃんさん、ありがとうございます。
本当にカメラは小さくて軽くなりましたねえ。 ピントも自動で連写も効くし、本当に運動会には持ってこいになりました。 小姫の最後の運動会で、やれやれというホッとした重いと、何やら物寂しいような感じもあって、やや複雑です。
こちらは運動会は種目は少し減りましたが普通どおりに開催しました。 修学旅行は大幅に短縮で近場になりました。 でもやらないよりはいいですよね。
ヒゲおやじ
2020年10月12日 10:25
tamaaanさん、ありがとうございます。
ものにも寄りますが、野菜に限らず植物はある程度競合することで発芽や成長を早めることがあります。 ですので筋蒔きか点蒔きがお勧めですね。 豆類だと種が大きいのでトレーも有りです。
ヒゲおやじ
2020年10月12日 10:28
ラビーさん、ありがとうございます。
ニンジンに限らず今年は異常な高温だったために発芽市内ものが多かったですね。 ようやく発芽適温になったということでしょう。
こまめに手入れされていますね、さすがです。
ヒゲおやじ
2020年10月12日 10:30
うめさん、ありがとうございます。
カブは四季蒔きのものと藩主時期が決まっているものがあります。 種袋を一度確認してみてください。 春蒔き用と秋まき用がある場合もあります。
水のやり過ぎも要注意です。 乾かさないようにやり過ぎないようにというのがポイントです。
うめ
2020年10月12日 16:57
ありがとうございます。
種の袋には秋と春に播種可能とありました。
乾燥しているのに水をやり忘れたり、水の管理がうまく出来ていなかったかもしれません。