サツマイモの苗調達! 早めに買っておく方がいいよ。

まだ大丈夫だけどね。ホームセンターなんかは追加の仕入れはしないことが多いので、売り切れたら終わりだよ。
種苗店はさすがにそんなことはしないので、今月いっぱいは急がなくても大丈夫だ。
でも、早めに買っておいて損はないからね。


でも、買ったら直ぐに植えつけないと枯れてしまうのでは?
って、みんな思っているんだねえ。 だから植えつける直前というより、当日に買おうと考えているんだなあ。

それって、本当に正しいやり方?


その前に、サツマイモの苗って、そんなに簡単に枯れるの?
いやいや、彼はなかなかの強者で、そう簡単に枯れてしまったりはしないんだねえ。

でも、保存のための処置はいるんだよ。


これが今日調達してきたサツマイモの苗だ。

画像

これを見て、「えっ」という人が案外多いので、こっちの方が「えっ」だよね。

聞いたところによると、どうやらポットに入った苗を想定しているらしいんだなあ。

でも違うよ。 サツマイモはこういう苗蔓を植えるんだよ。

そんなことはどうでもいいので、これをどうするかだよね。

直ぐに植える人は植えて大丈夫だよ。
でも、まだ畝が整ってなくてという人は、しばらく保存しよう。

大丈夫、枯れたりはしないから。



例えばこの苗、いかにも新鮮だろう。 どう見ても精々昨日採ってきた苗に見えるよね。


でもね、これを見てごらん。

画像

これは蔓の切り口だよ。

どう見ても昨日今日採ってきたものではないよね。

でも、新鮮だ。 何で?


さあ、そこなんだよね。 もう何日も経っているはずなのに、何でこんなに新鮮に見えるんだ?
それが今日の話題の保存法なんだよね。



ヒゲおやじ流はまた後で話すとして、実は何年か前に芋蔓を専門に扱っている農家に苗蔓を買いに行ったことがあるんだよね。

広い倉庫にムシロを強いて、多分100本単位だと思うんだけど、束ねた芋蔓が一面に並べてあるんだ。


えー、こんなところで個人にばら売りしてくれるんだろうかと、恐る恐る「すみません、ばら売りしてもらえるんでしょうか」 「ああ、ええぞな、何本いるんぞな」ときた。

「鳴門金時20と紅あずま20ください」 「あいよ」てなもんだね。

それがまた飛びきりのピンピンの苗だ。
「綺麗な苗ですねえ」などとお世辞のつもりで言うと、「兄さん、これはな。水さえかけといたら何日でも持つんよ」と仰る。

「本当はな、ちょっと萎れかけたくらいで植える方がええんやけど、そんな苗誰も買わんやろ。みんな新鮮な苗を買いよるからな」。

「ほやから、毎日水かけて新鮮に持たしとるんよ」。

だそうだ。 わかるかな?


「へー、それでどのくらい持つんですか」 「そうやなあ、2週間や3週間は持つぜ」。

「そやけど、植えつける前にはいっぺん枯らした方がええぞな」。

ほほー、これは耳寄りな話を。 やはり専門家だねえ。


ということで、それ以来ブログでも、枯らしてから植えつける方がよいという記事を何回も書いているんだねえ。

で、実際にやってみると活着率は圧倒的に枯らした方がいいんだ。

でも、枯らしすぎると失敗するよ。 やはり加減というものがあるからねえ。




で、ここからはヒゲおやじの保存法。

その後も色々やってみたけど、あまり長く保存するのは良くないみたいだね。 まあ、適当な期間ということだ。
適当な期間って? うーん、1週間かなあ、素人がやる場合は。


で、どうやるの?


そうだねえ、ヒゲおやじ流としては、新聞紙か何かにくるんで、ばらけないように軽く縛った方がいいけどね。
それを浅く水を張ったバケツに浸けて、涼しい日陰に置いておくんだ。

画像

こんな感じだけど、乾いたら上から如雨露か何かで水をかけてやるといいよ。

置き場所はあまり風の当たるところはよろしくないねえ。 できれば暗目がいいなあ。


これなら1週間や2週間は大丈夫だよ。


あ、そうそう、新聞紙で巻いて縛るのは、蔓が曲がってしまうのを防ぐためだよ。
そのままバケツに放り込むと、蔓が曲がってしまって植え付ける時にえらく苦労するからね。

なるべく真っ直ぐでいてほしいという願いだな。



いやね、先日苗蔓をどうやって保存したらいいかという質問があったのでね。

あ、それなら丁度いいかもというわけだ。


でも、あれだよ。芋蔓って強いからね。 日陰に置いて水さえかけて置いたら、たいていは大丈夫だよ。





でも、植えつける前には十分吸水させてから、一度乾かすんだ。
それから植えつけると、まず間違いなしに活き着くからね。

えっ、何かに似ている?
あー、気がついたか。 そのとおりだねえ。

そう、挿し木の要領と全く同じなんだよ。
だって、苗蔓の植え付けって、挿し木そのものだからね。


その辺りを考えれば、直ぐ理解できるはずなんだけどなあ。
だって、例えばバラの挿し木って、枝を切って新鮮な方がいいからとそのまま挿したりはしないだろう。


ま、そういうことだ。



どうかな、少しは参考になったかな?



今の時期は色々な作業が目白押しで、今日は他にも色々やったんだけど、とても記事にはできないよ。

何をやったかって? うーん、ナスの植え付けと、トマトの手入れと支柱立てかな。


まあ、それは暇を見てボチボチやることにしよう。


明日はサツマイモ用の畝を1本やっつけて、できればナスの手入れと支柱立てをやりたいんだけど、さてどうなるかなあ。


今の時期は本当に忙しいねえ。



ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ


"サツマイモの苗調達! 早めに買っておく方がいいよ。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント