ニンジンの種蒔き! これはもう急がないと。

春蒔きのニンジンの場合は、品種によつても違うけどヒゲおやじが使っている品種だと3月頭から4月頭くらいが適期なんだよね。
ということはあまり時間がない。 ならば大急ぎでやってやろう。 ということで今日はニンジンの種蒔きだよ。
まあ、どうと言うこともない普通の種蒔きなんだけどね。 多少の注意点はあるけどね。
では早速行ってみよう。


まずはこれが種を蒔く畝だよ。

IMG_8999.JPG







まず表面を平らにして、蒔き溝を掘る。

IMG_9000.JPG

この辺りはいつものとおりだねえ。

この畝は幅が60センチくらい。 そこに2列に溝を掘るんだ。 もっと幅が広ければ3列でも大丈夫だよ。
でもまあ、普通の家庭菜園ならこんなものかなあ。







溝は太い支柱でしっかりと押さえ込むといいねえ。 そうすると均等な深さの溝が出来るからね。

そこに最初に水をたっぷりやっておこう。 これが最初の大事なところだねえ。

IMG_9001.JPG

後からやってもいいんだけど、先にやっておくと後が楽だからね。








あ、そうそう、本日蒔く種はこちら。

IMG_9002.JPG

これをやっておかないと、何を蒔いたんだって必ず質問が来るのでね。

このところこれをずっと使っていてね。 結構作りやすくて、す入りやとう立ちも遅いので作りやすい品種だよ。







水が引いて土が落ち着いたら種蒔きだねえ。

IMG_9012.JPG

蒔くのは筋蒔き。 間隔は1センチから2センチくらいが適当だね。

これは多分2センチくらいだね。 でも最終的には間引きをして8センチから12センチくらいの間隔にするんだよ。

んっ、ならば最初から例えば10センチ間隔に蒔けばいいじゃないか?
うん、そういうやり方もあるんだよ。 ただしその場合は1カ所に4~5粒蒔かないといけないんだねえ。 一粒では駄目なのでそこは要注意。 

なんで? そう、その「なんで」を知ることが大事なんだねえ。 それがわかると色々工夫ができるからね。


その、なんでなんだけど、実はニンジンは競合を好む植物なんだねえ。 つまり近くに競合する仲間がいると、我先に芽を出して他に負けないように一生懸命伸びようとする性質があるんだねえ。 ちなみにぽつんと一粒だけ離れたところに蒔いておくと、なかなか芽が出ないし出ても成長が遅いんだなあ。 なので芽が出た後も、葉が触れ合う間隔で維持することが大事なんだよ。

そういう意味で筋蒔きが合理的かなあという話でね。


間引いた小さなニンジンは、これも美味しく食べられるしね。 全く無駄にはならないんだねえ。



で、こんな感じ。

IMG_9010.JPG








この後は覆土を掛けて、しっかり支柱か何かで圧着してやれば出来上がりだね。

IMG_9014.JPG

最初にしっかり水をやっておけば、このままでも大丈夫なんだけど、折角だからもう少し水をやっておこう。


今後の管理なんだけど、芽が出るまでは乾かさないことが大事だねえ。

乾かさないと言っても、毎日朝晩水遣りをするなんてことはやらないほうがいいよ。
土が乾いていたらやるというくらいが適当だね。


そうそう、全然話は変わるんだけど、先日種を蒔いても腐ってしまうので育苗器が必要かという質問をしてくれたんだけどね。
ヒゲおやじは育苗棚は作っているけど保温装置は付けてないので風除けと冷え込み防止くらいの効果しかないけどね。 それでもちゃんと芽が出るので、よほど寒いというか雪が積もるようなところでなければ育苗器は要らないと思うけどなあ。

育苗器云々より種が腐るという方が問題だねえ。 これって、多分こまめに水遣りをしているんじゃないかと思うんだけどなあ。
種蒔きで一番大事なのは水の管理なんだよね。 ほとんどのひとが種を蒔いたら水遣りをするもんだと思っていて、毎日毎日朝晩水遣りをしたりするんだねえ。 それって種にとってはえらい迷惑な話でね。 だって、いつも水浸しじゃん。 と言うことは呼吸が出来ないだろう。
呼吸が出来ないと人間でも死ぬよね。 なので水分は必要なんだけど水浸しにならないように、適度に乾燥させてやることも必要なんだよね。

なのでよく観察して、表面が乾いてきたらやる。 湿っているようならやらない。 一番わかりやすいのは指を突っ込んでみるといいんだけど、それはさすがにやりにくいので割り箸がいいねえ。 割り箸を差し込んでみて、土が付いて来るようなら中は湿っているので水は必要ない。 何も付いてこないようなら乾いているのでたっぷり水をやる。 こんなことをやると、まず間違いなく発芽するのでやってみるといいねえ。 慣れてくると見ただけでわかるようになるからね。


ということで、このニンジンの場合はできれば不織布を掛けてやるといいかもしれないね。
もちろん発芽したら取り除くんだよ。 でも乾き具合がわかりにくいので、そこは注意が必要だけどね。



で、またまた話は変わって、続いてサトイモ用の畝作り。 続きだね。

堆肥と化成肥料をばらまいて。

IMG_9016.JPG







これをよくかき混ぜながら耕して、形を整えたら出来上がりだよ。

IMG_9018.JPG

これでもう何時でも植え付け可能だねえ。 後は芋の準備をしなければ。


何か今日はちょっと疲れたねえ。



と、畑の周りを見回していると。

あら、可愛らしいレンゲの花が。

IMG_9004.JPG






いい色だねえ。

IMG_9005.JPG







直ぐ側にはこんな花も。

IMG_9007.JPG

これもよく見ると可愛らしいだろう。

ほら、例のハコベか名波草かどっちだっけというやつだよ。





IMG_9009.JPG

花が小さいので撮すのは風に揺れて結構大変だけどね。


今の時期はよく見ると小さな草花が沢山咲いているので、是非観察してみるといいねえ。



明日は一応は晴れの予報。 明後日は雨なのでそれまでに出来ることはやっておかなければ。

また忙しくなりそうだね。




ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ




"ニンジンの種蒔き! これはもう急がないと。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント